クレジットカード現金化は夜中にも利用できるのか

タンス貯金をしていてもしも泥棒に入られてしまったら大変、ほとんどのお金は銀行口座に入れておいてある程度のみを手元に持っているはずです。
カード払いが可能というお店も増えましたから、それほど現金を持っていなくても生活していけるのです。
ですが全くゼロというわけにはいきません。
現金が必要となる場面だっていくらでもあります。
そんな時、平日の日中であれば銀行に降ろしに行けばよいだけです。
夜中だったら、大手のクレジットカード現金化業者を知っていれば安心と思われていませんか。

クレジットカード現金化の平均営業時間とは

「24時間365日いつでもOK」なんて謳い文句がサイトに書かれてあるところもありますが、お店を開いていればそれだけ人件費とかその他もろもろ掛かります。
調べによると、クレジットカード現金化の業者の営業時間というのは1日平均12時間くらいのようです。
朝9時開始ならば夜9時には終わり、しかも終わりの時間の1時間前で最終受付なんてところもありますからどこもかしこも夜中までやっているわけではないのです。

夜中に申し込みしても夜中に現金が振り込まれるとは限らない

更に注意していただきたいのが、24時間受け付けているのはメールでのお申込みの場合のみといった場合も多いということです。
お電話サポートなど人手が必要となる事柄に関しては、ある程度の時間帯までで終了してしまうのです。
ネットの世界が24時間営業なのは当たり前のこと、それなのに謳い文句に騙されてついつい申し込みしてしまう方は後を絶たないというわけです。
現金が絡むような大切なこと、しっかりと見て確認してから利用するようお気を付けください。
振込対応だって時間帯が区切られている場合も多いです。
つまり受け付けはしておいて、メールが届いた順に朝の営業時間が始まってから従業員が一つ一つ対応していくということです。
これだと夜中どころか朝8時・9時に振り込まれたら良い方です。
それくらいなら自分で銀行が開くのを待って降ろしに行った方が良いでしょう。
不要な借金を背負う必要はありません。

夜中に現金が必要となったらどうすれば良いのか

ある程度の予測ができるということであれば、夜21時くらいまで・営業時間の終わりまでに現金化の申し込みをしておきましょう。
それなら夜中までに用意されるかもしれません。
Amazonギフト券のEメールタイプをギフト券買取サイトにて換金、といったやり方もあります。
Amazonの公式サイトは24時間営業、そしてギフト券の買取サイトも同じく24時間営業といったところも多く、これなら夜中であっても関係ないのです。
早ければ30分程度で手続き完了、急ぎの現金調達に間に合うはずです。
Suicaなど交通系電子マネーのチャージ残高の払い戻しによっても現金は手に入ります。
ただし解約してしまったらその電子マネーは使えません。
再度発行するまでは、不便な日々を送ることにはなります。
手続きには運転免許証などの本人確認書類が必要なことも知っておきましょう。

まとめ

24時間いつでもOKなのは申し込みのみといったことも多いクレジットカードの現金化、実際に深夜にお金が必要となってから焦る方も多いです。
そんな時、Amazonギフト券など違ったやり方も知っていれば安心です。